相続に関する悩みを即解決してくれる|プロに依頼することがベスト

遺産相続について

弁護士

死亡後の手続きです

相模原では親族が亡くなった時に起こる相続の問題は決して他人事ではなくなってきています。相模原でも、相続時に兄弟間や親子間でのトラブルで弁護士に相談するケースが増えてきています。まだまだ先のことだと思っていても、近親者がなくなれば必ず発生するのが相続です。相続の手続きは複雑で、間違った手続きをしてしまったり、知らないで大損してしまったりすることがあります。実際に相続の手続きをする際には、相模原に数多くいる専門家に任せると安心です。相続の流れや公的な手続きなど、基本的なことに詳しいので心強いものです。近親者が亡くなったら、まず医者が書いた死亡診断書を本籍地か届け出人の住所がある市町村役場(相模原市内の場合は相模原市役所)に提出します。死亡届は一週間以内に提出しなければなりません。それから速やかに遺言の有無を確認し、それと同時にプラスの遺産もマイナスの遺産も含めて遺産の評価と鑑定を行います。相続人は全員、亡くなった日の年の1月1日からなくなった日までの確定申告を死亡から4ヶ月以内に済ませます。遺産の分割協議を済ませて10ヶ月以内に申告・納付をすませなければなりません。相続と一口にいっても3種類のパターンがあるので、どのように相続するのか決めておく必要があります。その一つである単純承認という相続方法では、財産のプラス面やマイナス面の全てを受け継ぐことになります。また限定承認という方法をとれば、プラス面の財産の方がマイナスより大きいときに、それを差し引いて余ったプラスの財産を相続することができます。マイナス面の方が大きいときは、放棄という相続手段をとれば財産継承をしなくてすみます。それぞれの手続きは煩雑で、期限を越えて申告した場合は延滞金や各種特例が認められない場合があるので注意が必要です。

Back to Top